速報

速報

北が短距離弾道ミサイル2発、平壌の空港付近から

委員長の調査不参加を要請 アマゾン、米独禁当局に

米西部シアトルにあるアマゾンの実店舗(ゲッティ=共同)
米西部シアトルにあるアマゾンの実店舗(ゲッティ=共同)

米アマゾン・コムは6月30日、米連邦取引委員会(FTC)に対し、アマゾンを厳しく批判してきたカーン委員長が同社への独占禁止法(反トラスト法)に関わる調査に参加しないよう求める要請文を提出した。6月に就任したカーン氏は法学者で、巨大IT企業への規制強化を唱えてきた。

アマゾンは要請文で、カーン氏は「アマゾンが独禁法違反の罪を犯しており、解体すべきと何度も主張してきた」と指摘。全ての企業には先入観を持たない公平な委員に調査される権利があると訴え、カーン氏を除外するように求めた。

カーン氏は米エール大の大学院生だった2017年、アマゾンのビジネスモデルが競合他社を排除し、市場支配力を強めているとの論文を発表して大きな注目を浴びた。

FTCは巨大IT企業の独禁法違反の可能性について調査を進めており、アマゾンも対象に含まれる。(共同)