五輪チケット再抽選結果発表延期へ 政府と組織委

東京五輪の開会式が行われる国立競技場(鴨川一也撮影)
東京五輪の開会式が行われる国立競技場(鴨川一也撮影)

政府と東京五輪・パラリンピック組織委員会が、新型コロナウイルスの感染対策として五輪の観客数を上限1万人に決定したことを受けて進めている販売済みチケットの再抽選結果について、6日に予定していた発表を延期する方向で調整に入ったことが1日、分かった。東京都などへの蔓延(まんえん)防止等重点措置が延長される公算が大きくなっており、イベント開催の上限数が1万人から5千人に制限された場合に備える。

政府が重点措置解除後のイベント制限を「収容定員の50%以内で最大1万人」と決定したことを受けて、組織委は6月21日にチケットの再抽選を決定していた。全体の1割強にあたる開閉会式など97セッション(時間帯)を対象に再抽選した結果を7月6日に発表するとしていた。

しかし、東京などの感染状況を踏まえ、政府は重点措置を期限の11日から五輪期間中を含め延長する方向で検討。その場合、イベントの上限は「収容定員の50%以内で最大5千人」となり、五輪もその基準に準拠することが見込まれる。

措置延長の決定前に再抽選結果を発表すれば、上限5千人に絞る抽選がさらに必要になる。再々抽選作業は時間的に難しく、無観客開催となる可能性もある。

組織委によると、再抽選では販売済みのチケット約363万枚のうち、約91万枚を削減する必要がある。開閉会式のほか、陸上、野球、サッカー、ゴルフ、近代五種、ラグビー7人制、ソフトボール、サーフィンが対象となっている。