現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

人類に災禍もたらす中国共産党 文化人類学者静岡大学教授・楊海英

北京市内に設置された中国共産党創建100年を祝う展示物=30日(共同)
北京市内に設置された中国共産党創建100年を祝う展示物=30日(共同)

「偉大で光栄な、正しい中国共産党」。中国共産党が自身に冠した常套(じょうとう)句である。結党100年に当たり人類史・世界史の視点から同党の歩みを振り返ってみよう。

≪過激な革命思想の源流≫

100年前の上海はフランス租界。13人の読書人とコミンテルン(共産主義の国際組織)の代表2人の計15人からなる小さな秘密結社が会合を開いた。会合に参加しなかった発起人は他に6人いたという。計19人の中国人のうち、実に8人が日本への留学生だった。当然、彼らは日本から学んだ最新の語彙を駆使して組織の名とした。中国共産党である。

ランキング

  1. 【阿比留瑠比の極言御免】台湾蔑視する立民の傲慢

  2. 【産経抄】12月8日

  3. 【風を読む】元空軍パイロットの背信行為 論説副委員長・佐々木類

  4. 【主張】NHK新会長 改革止めず公正な放送を

  5. 【主張】中国の核1500発へ 米は核抑止力の充実図れ

  6. 【ポトマック通信】南部白人の素朴な心情

  7. 【正論】東工大女子枠の真の狙いとは? エッセイスト 動物行動学研究家・竹内久美子

  8. 【正論】北朝鮮が手伸ばす最先端科学技術  安全保障問題専門家、元国連専門家パネル委員・古川勝久

  9. 【一筆多論】「親日」英外相に期待する 岡部伸

  10. 【浪速風】笑えない手打ち

会員限定記事