正論

人類に災禍もたらす中国共産党 文化人類学者静岡大学教授・楊海英

北京市内に設置された中国共産党創建100年を祝う展示物=30日(共同)
北京市内に設置された中国共産党創建100年を祝う展示物=30日(共同)

「偉大で光栄な、正しい中国共産党」。中国共産党が自身に冠した常套(じょうとう)句である。結党100年に当たり人類史・世界史の視点から同党の歩みを振り返ってみよう。

≪過激な革命思想の源流≫

100年前の上海はフランス租界。13人の読書人とコミンテルン(共産主義の国際組織)の代表2人の計15人からなる小さな秘密結社が会合を開いた。会合に参加しなかった発起人は他に6人いたという。計19人の中国人のうち、実に8人が日本への留学生だった。当然、彼らは日本から学んだ最新の語彙を駆使して組織の名とした。中国共産党である。

ランキング

  1. 20年前の主婦殺害事件で…67歳無職男を逮捕 広島県警

  2. 眞子さま、26日にご結婚 会見は質疑応答なく文書回答に

  3. 20年後に事件急展開、住民ら驚き 知人「怒りこみ上げる」

  4. 自民単独過半数へ攻防 立民に勢い 衆院選終盤情勢

  5. パナソニック、新型EV用電池試作品を公開 容量5倍に

  6. G7が強制労働排除で一致 中国念頭

  7. 長期未解決事件、科学捜査で局面打開

  8. 【岸田政権考】新たな官邸官僚 経産・財務均衡 脱安倍と開成人脈

  9. 【聖徳太子没後1400年 第4部①】法隆寺は再建か 一大論争も起きた謎多き「太子のみてら」

  10. 20年前の主婦殺害で逮捕の男、事件後も福山市内で生活