「秋に経済活動活発に」 全銀協の高島新会長 - 産経ニュース

メインコンテンツ

「秋に経済活動活発に」 全銀協の高島新会長

インタビューに応じる全国銀行協会の高島誠会長(三井住友銀行頭取)=東京都千代田区(西村利也撮影)
インタビューに応じる全国銀行協会の高島誠会長(三井住友銀行頭取)=東京都千代田区(西村利也撮影)

全国銀行協会の会長に1日付で就任した高島誠氏(三井住友銀行頭取)が産経新聞のインタビューに応じ、新型コロナウイルス禍での企業支援について、「秋に向けて経済活動が活発になり、(資金繰りが中心だった支援から)次のフェーズ(段階)に移行する」との認識を示した。感染終息を見据えながら、資本制資金の提供や事業再生、債務整理などの支援に力を入れる方針だ。

政府の資金繰り支援である実質無利子・無担保融資を背景に金融機関が貸し出しを活発化させた結果、過剰債務を抱える企業も増えている。高島氏は「今後は各銀行が状況の異なる顧客それぞれの実態を把握した上で、事業再生に向け何が必要なのか提言を進める局面にある」と強調した。

また、政府が解禁を検討している給与を働く人のスマートフォン決済などの口座に直接入金する「デジタル払い」について、高島氏は「給与を受け取る側のオプションが広がる意味では悪い話ではない」と容認する姿勢をみせた。

ただ、「デジタルを好む顧客が一定数いることを考えれば、(銀行を介さずにデジタルで給与が支払われることで)金融機関への影響は否定できない」と説明。「賃金である以上は安心・安全な仕組みが必要だ」と述べ、制度設計に注文を付けた。