習氏、香港への統制強化示唆 国安法は正当化

中国の習近平国家主席(共産党総書記)は1日の党創建100年記念演説で、「中央の香港への全面的な統制権と、特別行政区での国家安全の法律制度と執行システムを確実なものとする」と述べ、香港国家安全維持法(国安法)を通じて香港への統制をさらに強化する方針を示唆した。その一方で、これにより「社会の大局の安定と長期的な繁栄を守る」と正当化した。

■習氏、「世界一流の軍隊」建設 脅威論否定も