バイデン大統領、マンション崩落で現地へ 不明者家族と面会

バイデン米大統領(AP)
バイデン米大統領(AP)

米南部フロリダ州サーフサイドのマンション崩落で、ホワイトハウスは29日、バイデン大統領とジル夫人が7月1日に現地入りすると発表した。サキ大統領報道官によると、安否不明者の家族と面会し、捜索に当たる救助隊員らを激励する予定だという。

サキ氏は大統領夫妻の訪問について、現場の作業に必要な人員や物資の確保につなげることが重要な目的だと説明。捜索の支障とならないよう「地元当局者らと緊密に連携している」と強調した。

米メディアによると、24日に起きた崩落により、これまでに11人の死亡が確認され、居住者とみられる150人が安否不明となっている。二次災害の恐れもあり、捜索は難航している。(共同)