中山防衛副大臣、台湾を「民主主義国家」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

中山防衛副大臣、台湾を「民主主義国家」

中山泰秀防衛副大臣
中山泰秀防衛副大臣

中山泰秀防衛副大臣は28日、リモートで行った米シンクタンクの講演で「中国による台湾への圧力に対し、目を覚まし民主主義国家として対話を守る必要がある」と発言した。加藤勝信官房長官は30日の記者会見で「個人的な考えを述べたと承知している」と語った。中山氏の発言をめぐり、中国外務省から申し入れがあったことも明らかにした。