連続青酸死事件の筧被告、死刑確定へ 最高裁

筧千佐子被告
筧千佐子被告

京都、大阪、兵庫3府県で起きた連続青酸死事件で、夫や内縁男性ら計4人に対する殺人罪などに問われ、1、2審で死刑を言い渡された筧(かけひ)千佐子被告(74)の上告審判決で、最高裁第3小法廷(宮崎裕子裁判長)は29日、「刑事責任は極めて重大」などとして、被告の上告を棄却した。死刑が確定する。裁判官5人全員一致の結論。

同小法廷は「被害者らを殺害して財産的利益を得ようとした動機に酌むべき点はない」とし、結婚相談所を通じて知り合った高齢の被害者を信頼させ、猛毒の入ったカプセルを服用させるという手口について「計画的かつ巧妙であり、強固な殺意に基づく冷酷なもの」と指摘。

同種の犯行を約6年の間に4回繰り返しており「人命軽視の態度は顕著」などとした上で、前科がなく高齢であることなどを考慮しても、死刑はやむを得ないと判断した。

弁護側は今月8日の弁論で「被告は認知症が進行し裁判を続ける能力がない」などと主張していたが、能力には問題がないと判断したとみられる。

1、2審判決によると、筧被告は遺産取得や債務の返済を免れるため平成19~25年、青酸化合物を飲ませ、京都府向日市の夫、勇夫さん=死亡当時(75)=や内縁関係にあった大阪府貝塚市の本田正徳さん=同(71)=と兵庫県伊丹市の日置(ひおき)稔さん=同(75)=の3人を殺害し、神戸市の知人、末広利明さん=同(79)=を殺害しようとした。

会員限定記事会員サービス詳細