現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

「インド・太平洋憲章」の起草を 東洋学園大学教授・櫻田淳

櫻田淳氏
櫻田淳氏

≪共産主義・中国へ対峙(たいじ)に本腰≫

6月10日、ジョセフ・R・バイデン米大統領とボリス・ジョンソン英首相は、英南西部コーンウォールで開催された先進7カ国首脳会議(G7サミット)に先立つ米英首脳会談で、8項目から成る「新大西洋憲章」を発表した。

これは、第二次世界大戦中の1941年8月、フランクリン・D・ルーズベルト米大統領とウィンストン・チャーチル英首相が発表した「大西洋憲章」を80年ぶりに刷新する意義を持つものであると説明される。

ランキング

  1. 【宮家邦彦のWorld Watch】コロナとテロとゴルゴ13

  2. 【産経抄】5月19日

  3. 【直球&曲球】中江有里 「生きやすいコロナ禍」にするために

  4. 【主張】NATO北方拡大 露大統領の戦略的敗北だ

  5. 【浪速風】偉大な棋士と若き王者のはざまで

  6. 【正論】食の確保こそ安全保障の要諦だ 日本財団会長・笹川陽平

  7. 【主張】GDP年率1%減 消費を支え物価高克服を

  8. 【産経抄】5月18日

  9. 【主張】免許更新制の廃止 教員の資質向上策明確に

  10. 【主張】新型コロナ対策 屋外ではマスクを外そう

会員限定記事