貿易ルールや開発の透明性を 茂木外相、伊G20で訴え

イタリアを訪問中の茂木敏充外相は29日午前(日本時間29日夜)、南部マテーラで開かれた20カ国・地域(G20)外相会合に出席し、自由で公正な貿易に関する高い水準の多国間のルール作りや、開発金融の透明性強化に向けた具体的な議論を進めていく必要性を主張した。外務省が発表した。

背景には、中国による輸出入規制や中国の巨大経済圏構想「一帯一路」で途上国のインフラ権益を奪う「債務のわな」が問題になっていることなどがある。

茂木氏は会合で、新型コロナウイルス禍からの「より良い回復」の実現のため、多国間主義の下でのG20の協調の必要性を強調した。