自民・二階氏「党則知っているはず」 林氏の処分を示唆 - 産経ニュース

メインコンテンツ

自民・二階氏「党則知っているはず」 林氏の処分を示唆

自民党の二階俊博幹事長(春名中撮影)
自民党の二階俊博幹事長(春名中撮影)

自民党の二階俊博幹事長は29日の記者会見で、林芳正元文部科学相=参院山口選挙区=が次期衆院選で山口3区にくら替えする意向を周囲に示していることについて、「本人から何も聞いていないので、お答えのしようがない。現職優先であることは間違いない」と述べた。同区は二階派(志帥会)の河村建夫元官房長官の地盤で、保守分裂選挙となる可能性が高まっている。

二階氏は、林氏がくら替えした場合、党として処分を検討しているかを問われ、「ずっと進んでくれば、結果そういうことになると党則に書いてある。党員である以上知っているはずだ」と述べ、処分も辞さない考えを強調した。

一方、二階氏は、衆院群馬1区で現職で細田派(清和政策研究会)の尾身朝子衆院議員と二階派の中曽根康隆衆院議員が公認争いをしていることに関して「地元の意見を十分慎重に聞いた上で判断したい」と語るにとどめた。