現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

6月29日

感染免疫学者の藤田紘一郎さんの研究室には、ホルマリン漬けされたサナダムシが入った瓶が並んでいた。取材に訪れた記者は、いずれもかつて藤田さんの体の中にいたものだと説明されて、肝をつぶしたものだ。

▼藤田さんは、長さが10メートル近くにもなるサナダムシを平成8年から15年近く、自分の腸で「飼育」していた。歴代の6匹には、「サトミ」「ヒロミ」などと名前まで付けていた。といっても、ペットにしていたわけではない。寄生虫が花粉症などのアレルギー疾患を抑える効果を実証するためだった。

▼寄生虫は人類にとって敵のはずだ。その効用に目を向けるようになったきっかけは、日本企業の駐在員の健康を調査するため派遣されたインドネシアでの経験である。衛生状態がよくない現地の住民に、アレルギーがほとんどないことに気づいた。おなかのなかには寄生虫をもっていた。

ランキング

  1. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

  2. 【産経抄】5月27日

  3. 【主張】WHOの台湾排除 感染対策に空白域作るな

  4. 【主張】国民審査判断 憲法のあり方考える機に

  5. 【産経抄】5月26日

  6. 【正論】領土欲の露骨なロシアの時代遅れ 評論家・西尾幹二

  7. 【浪速風】マスクは冬の季語

  8. 【正論モーニング】防衛費拡充は「火事場泥棒」なのか? 今こそ周辺有事に備える議論を

  9. 【主張】謎の4300万円 金の流れに疑念を残すな

  10. 【正論】エネルギーは安全保障最優先に キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・杉山大志

会員限定記事