「アルコール検出と連絡」 事故トラックの会社

子会社の運送会社従業員が起こした事故について取材に応じる南武の知念辰浩社長(右)ら=28日夜、千葉県八街市
子会社の運送会社従業員が起こした事故について取材に応じる南武の知念辰浩社長(右)ら=28日夜、千葉県八街市

千葉県八街市で小学生の列にトラックが突っ込んだ事故で、運転していた梅沢洋容疑者(60)が勤務する鉄筋加工会社の従業員が28日、取材に応じ「県警にいる上司から『梅沢容疑者からアルコールが検出された』と連絡があった」と語った。

従業員によると、梅沢容疑者は事故直後、会社に電話で「道路に飛び出してきた別の人をよけようとしてハンドルを切り、電柱に衝突して近くにいた子供たちをはねてしまった」と話した。

梅沢容疑者は鉄筋を運び、事故現場から約200メートル離れた会社に戻る途中だった。現場近くの建物周辺から人が飛び出してきたと説明していたという。