イラン核合意への懸念伝達 米イスラエルが外相会談

ローマで言葉を交わすブリンケン米国務長官(右)とイスラエルのラピド外相=27日(AP=共同)
ローマで言葉を交わすブリンケン米国務長官(右)とイスラエルのラピド外相=27日(AP=共同)

ブリンケン米国務長官とイスラエルのラピド外相は27日、イタリア・ローマで会談し、ラピド氏は米国が目指すイラン核合意再建に懸念を伝えた。今月13日のイスラエル新政権発足後、米国との閣僚会談は初めて。ラピド氏は「意見の不一致についてプロとして直接議論していきたい」と述べた。

バイデン米政権は核合意を再建するため、ウィーンでイランとの間接協議を継続している。イランと対立するイスラエルは、現行の核合意ではイランの核開発を阻止できないとの立場だ。

ラピド氏はイラン核問題で米国批判を控える考えを表明。ネタニヤフ前政権下で悪化した米民主党との関係改善に意欲を示した。

ブリンケン氏は「両政府の戦略は違うが、(イラン核開発阻止という)同じ目的を共有している」と指摘。ロイター通信によると、イランとの間接協議についてイスラエルと密接に連絡を取る方針を示した。(共同)