鶏卵汚職、アキタフーズ元代表が起訴内容認める 初公判

元農林水産相の吉川貴盛被告(70)=収賄罪で在宅起訴=に現金500万円を渡したとして、贈賄と政治資金規正法違反の罪に問われた鶏卵生産大手「アキタフーズ」(広島県福山市)元代表、秋田善祺(よしき)被告(87)の初公判が28日、東京地裁で開かれ、秋田被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

起訴状によると、秋田被告は平成30年11月~令和元年8月、農水相在任中だった吉川被告に対し、家畜のストレスを減らす飼育方法「アニマルウェルフェア(AW)」の国際基準への反対意見を取りまとめるなど業界に便宜を図ってもらいたいという趣旨で、東京都内のホテルや大臣室で計500万円を渡したなどとしている。

事件をめぐっては今月3日、政策への影響を検証していた農林水産省の第三者委員会が、政策が不当にゆがめられた事実は確認されなかったものの、吉川被告から職員への働き掛けがあったなどとする報告書を提出した。

吉川被告の公判期日は未定。