現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

欧州に頼りにされる日本であれ 防衛大学校教授・神谷万丈

防衛大学校教授 神谷万丈
防衛大学校教授 神谷万丈

G7サミット(先進7カ国首脳会議)の意義は、先進自由民主主義諸国が結束して世界の運営にあたる意思を示すことにある。英国コーンウォールでの先の首脳会議は、世界にこの基本的事実を改めて示す機会となった。

多国間協調を軽視したトランプ米大統領の4年間に、G7は瀕死(ひんし)の状態に陥った。昨年は首脳会議を開催することさえできず、新型コロナウイルスの下でその役割が最も求められている時に、指導力を世界に発信する機会を逸した。

結束力を取り戻したG7

ランキング

  1. 【産経抄】5月23日

  2. 【主張】侵略国ロシア 「北方の脅威」にも備えよ

  3. 【世界の論点】マスク氏のツイッター買収

  4. 【主張】クリーンエネ戦略 原発新増設から逃げるな

  5. 【浪速風】北、メンツ優先のツケ

  6. 【主張】国連安保理 露に常任理事国資格ない 岸田首相は改革に取り組め

  7. 【正論】新・経済枠組みが問う日本の手腕 明星大学教授・細川昌彦

  8. 【多面鏡】精密司法を支える「取り調べ」 リスクだけで罪悪視する愚 大阪社会部長・牧野克也

  9. 【産経抄】5月22日

  10. 【世界の論点】焦眉の急 国連安保理改革

会員限定記事