現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

6月27日

NHKアナウンサーによる実況は悲鳴に近い。〈日本の円谷、あと250メートル。ヒートリーが差を詰めました。2位か3位か。銀メダルか銅メダルか。日本の名誉をかけて。円谷危ない…〉。昭和39(1964)年東京五輪のマラソンである。

 ▼国立競技場のトラックでヒートリー(英国)に抜かれるまで、円谷幸吉はその猛追に気づかなかったとされる。「決して後ろを振り返るな」という父の教えを守ったからだ、とも言われる。振り返っていたなら、あるいはメダルの色が銅から銀に変わっただろうか。

 ▼円谷は真相を語ることなく、43年1月に自ら命を絶った。その年、メキシコ五輪のマラソンで銀メダルを手にした君原健二氏は、レース終盤、普段なら顧みないはずの後ろをなぜか振り返った。「円谷さんの無念、教訓が私を振り返らせたのではないでしょうか」

ランキング

  1. 【産経抄】5月25日

  2. 【主張】クアッド首脳会合 「対中抑止」を一歩進めた

  3. 【主張】拉致と米大統領 日米の結束で決断を迫れ

  4. 【浪速風】弱気の虫を吹き飛ばそう

  5. 【正論】領土欲の露骨なロシアの時代遅れ 評論家・西尾幹二

  6. 【長州正論】「日本は自立への覚悟を決めよ」湯浅博特別記者

  7. 【産経抄】5月24日

  8. 【浪速風】北、メンツ優先のツケ

  9. 【主張】日米首脳会談 同盟で台湾防衛に当たれ 日本はIPEFに積極関与を

  10. 【一筆多論】データを使えない日本 佐藤好美

会員限定記事