申請後に証拠隠滅か 経産キャリア給付金詐欺

新型コロナウイルス対策の国の「家賃支援給付金」をだまし取ったとして、警視庁に詐欺容疑で逮捕された経済産業省キャリア官僚の桜井真容疑者(28)ら2人が、申請に使用したとみられる電子データの一部を廃棄していたことが27日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁捜査2課は不正受給発覚を免れるため証拠隠滅を図った可能性もあるとみて調べている。同課は同日、2人を送検した。

捜査関係者によると、25日に逮捕された経産省産業資金課係長の桜井容疑者と同省産業組織課の新井雄太郎容疑者(28)は容疑を大筋で認めている。逮捕前に警視庁が捜査していることを知り、勤務中に対応を相談して電子データを処分していたとみられるという。申請データは中小企業庁に提出済みで、捜査2課も入手していた。

2人は神奈川県内の私立高の同級生。令和元年11月に「新桜商事」(東京都文京区)を設立したが、稼働実績はなく、事実上ペーパーカンパニーだったとみられる。

給付金申請の手続きは新井容疑者が担当し、約550万円が交付されたペーパーカンパニーの口座も管理。だまし取った金の大半は桜井容疑者が、高級腕時計やブランド品購入、クレジットカードの支払いに充てていたとみられる。

会員限定記事会員サービス詳細