動画

大阪・淀川で不明の男児 遺体で発見

男児が行方不明になった淀川の現場付近を調べる警察官ら=26日午後、大阪府枚方市(鳥越瑞絵撮影)
男児が行方不明になった淀川の現場付近を調べる警察官ら=26日午後、大阪府枚方市(鳥越瑞絵撮影)

大阪府高槻市消防本部は27日、同市唐崎付近の淀川で26日に流され、不明となっていた小学生の男児とみられる子供が見つかり、死亡が確認されたと明らかにした。同本部は27日早朝から男児の捜索を再開し、同日午前7時15分ごろ、流されたとみられる現場近くで遺体を発見。大阪府警高槻署は、遺体が行方不明になっていた同市の小学3年の男児(8)と確認した。

同署によると、26日午後3時55分ごろ、淀川で「子供が溺れている」と通行人から119番があった。小学生の8~9歳の男児3人が川付近で水遊びをしていたところ、2人が流されたという。うち1人は釣り人に救助されたが、もう1人の行方が分からなくなっていた。

現場はJR高槻駅から南に約5キロの淀川と芥川の合流部分。