LIVE配信中

LIVE配信中

立憲民主党代表選 投開票

日曜に書く

論説顧問・斎藤勉 さらば、「同志」リガチョフ

エゴール・リガチョフ氏(タス=共同)
エゴール・リガチョフ氏(タス=共同)

ソ連ナンバー2が現れた

その〝大物〟は雪の昼、ひょいと一人でわが産経新聞モスクワ支局に現れた。思わぬ来訪者に驚く私に、ぐるりと室内を見回すや、「日本の新聞社にしては質素でよろしい」。私の机上に鎮座していた独裁者スターリンの胸像には、「オーッ」と感嘆の声を上げた。だが、支局の熟年運転手殿はお冠(かんむり)で、「このごりごりの共産主義者どもがわが国民を苦しめてきたんだ」とそっぽを向いたままだった。

ソ連最後の共産党書記長だったゴルバチョフ氏に次ぐ「ナンバー2」で「保守派の総帥」といわれたエゴール・リガチョフ氏。ソ連崩壊から10年たった2001年2月末のこと。私が2度目のモスクワ勤務になったのを聞きつけ、事前連絡もなしに訪ねて来てくれたのだ。

ソ連崩壊直後の1992年2月から本紙が始めた、丸2ページを潰して世界の著名人に話をきく『地球インタビュー』欄の先頭打者として登場願った。「ソ連崩壊前後から疎遠で一度も行き来していない」というゴルバチョフ一家が階上に住む高級マンションなどで3時間も話を聞いた。後日、掲載紙を届けると相好を崩して喜んでくれた。

そんな縁があっての再会だった。当時すでに80歳だったが、故郷のシベリア・トムスク州で「スキーをして帰ったばかり」という顔は雪焼けし、かつてエリツィン初代ロシア大統領に「ボリス、あんた(の政策)は間違っている」と公開の場で嚙(か)みついた舌鋒(ぜっぽう)は不変だった。

「禁酒令は間違いだった」

あの再会から20年、突然の訃報だった。5月7日、リガチョフ氏は肺炎で入院中のモスクワで死去した。100歳だった。

この命日はリガチョフ氏にとって因縁の日だ。85年3月に発足したゴルバチョフ政権が、同年5月7日、「改革」のいの一番にぶち上げたのが「反アルコール・キャンペーン」である。その主唱者の頭目が、自身は下戸のリガチョフ氏だった。ロシアの主要紙は追悼記事で真っ先にこの禁酒令に言及した。

禁酒令はソ連の男子平均寿命が西側と比べて著しく低い背景があった。しかし、酒類の大幅値上げ、生産・販売制限ばかりか、ブドウ園の根こそぎ廃園、違反者の強制連行や罰金、矯正労働…という過激な措置は、共産主義抑圧体制下で「酔っぱらうことくらいしか楽しみがない」左党を密造酒に走らせ、激しい怒りと不評が噴出した。

結局、経済・社会的大混乱は貴重な歳入源の酒税の大幅減少を招き、当時の石油価格低迷と相俟(ま)って国家財政を直撃、禁酒令は急激に色褪(あ)せていった。

リガチョフ氏は私とのインタビューで「禁酒令で私は間違いを犯した。先走り過ぎた。飲酒はわが国民の民族的な悲哀なのだ」と率直に非を認めた。

禁酒令が間接的にソ連崩壊への導火線になったとすれば、リガチョフ氏が「崩壊の直接の原因」と告白したのは「過剰な軍事費」だ。「GNPの18%も軍備拡大に使っていて国家がもちこたえられるはずがない」