秋田知事が自動車事故 鼻かもうとして操作誤る

佐竹敬久氏
佐竹敬久氏

秋田県は27日、佐竹敬久知事(73)が由利本荘市の日本海沿岸東北自動車道下り線で私用車を運転中、中央分離帯のロープに接触する単独事故を起こしたと発表した。はなをかもうとして運転操作を誤ったとし、けがはなかったという。

県によると、事故は27日午後2時半ごろに発生。ロープの支柱が曲がるなどしたため、県警は復旧工事で午後4時半から1時間、下り線の一部区間を通行止めにした。

佐竹氏は28日午前に取材の場を設け、謝罪するとしている。