インド株が感染9割占める見通し 夏の欧州

欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長(AP)
欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長(AP)

欧州連合(EU)機関の欧州疾病予防管理センター(ECDC)は25日までに、新型コロナウイルスのインド変異株の中で最も警戒が必要なデルタ株について、8月の終わりまでにEU域内の新規感染の90%を占めるようになるとの見通しを明らかにした。

感染力が強く、ワクチン未接種者の被害が特に懸念されている。

ECDCは23日の発表で、デルタ株がこの夏、接種を受けていない若い世代の間で広がる可能性が「極めて高い」と指摘した。

EUのフォンデアライエン欧州委員長も会見で、デルタ株拡大に懸念を示した上で「ワクチンを2回接種していれば非常に効果的に防げる。1回でも、病状を緩和できる」とし、域内住民に接種を強く促した。(共同)