警視庁巡査長が110番通報偽り310万円盗む 容疑で逮捕 - 産経ニュース

メインコンテンツ

警視庁巡査長が110番通報偽り310万円盗む 容疑で逮捕

警視庁=東京都千代田区霞が関
警視庁=東京都千代田区霞が関

「110番通報があった」と偽って住宅に侵入し、現金約310万円などを盗んだとして、警視庁は26日、窃盗などの容疑で、同庁荻窪署交通課交通捜査係の巡査長、戸嶋亮太容疑者(35)=東京都あきる野市山田=を逮捕した。警視庁人事1課によると、戸嶋容疑者は「間違いありません。カードローンなどの借金返済に充てたかった」などと容疑を認めている。

逮捕容疑は8日午後3時半~4時半ごろ、福生市内の70代の女性方で、警察手帳を見せ、「ガラスが割れた音がしたと110番通報があった」と偽って住宅に侵入し、金庫や財布から現金約310万円を盗んだとしている。

人事1課によると、戸嶋容疑者が立ち去った後に女性が金庫などを確認したところ、現金がなくなっており、110番通報した。1日にも警察官をかたった同様の手口の窃盗事件が起きており、警視庁が関連を調べている。

警視庁の堺瑞崇警務部参事官は「警察官であることを悪用した言語道断の行為。厳正に対処する」としている。