「部下とキス」報道の英保健大臣が謝罪「社会的距離怠った」

2人でキスをしている場面の写真が英紙に掲載されたハンコック英保健相(右)と側近の女性=5月16日、ロンドン(英PA通信=共同)
2人でキスをしている場面の写真が英紙に掲載されたハンコック英保健相(右)と側近の女性=5月16日、ロンドン(英PA通信=共同)

【ロンドン=板東和正】英国のハンコック保健相は25日、新型コロナウイルスの感染予防のために屋内で他人との距離を確保することを求めた英政府の指針に違反したと公表し、謝罪した。英メディアが同日、ハンコック氏が保健省の庁舎内で女性の部下とキスをしていたと報じたことを受け、謝罪に追い込まれた。英国で感染力の強い変異株の感染が拡大する中、ハンコック氏の行動に非難が集中している。

英大衆紙サン(電子版)は25日、ハンコック氏が保健省の庁舎内の一室で勤務中、部下である女性と抱き合い、口づけをしている様子が映った防犯カメラの写真を公開。英紙テレグラフ(同)などの英メディアも相次いで写真を報じた。防犯カメラの映像はインド株の感染が英国で広がり始めた今年5月上旬に撮影された。ハンコック氏は別の女性と結婚し、子供もいる。

報道を受け、ハンコック氏は今月25日に発表した声明で「社会的距離を確保する(英政府の)指針に違反したことを認める」とし、「国民を失望させてしまい、大変申し訳なく思っている」と謝罪した。

一方、「英国が新型コロナの流行から抜け出すための活動に集中している」と強調し、辞任する意向は示さなかった。英首相官邸の広報担当者は25日、英メディアに「ジョンソン首相はハンコック氏の謝罪を受け入れ、この問題は解決したと考えている」と述べた。

ただ、最大野党・労働党はハンコック氏の辞任を要求しており、事態が収拾しない可能性もある。

英国では昨春にも、政府に感染対策を助言する学者が外出制限中に既婚者と自宅で密会していたことが発覚し、辞任に追い込まれた。ハンコック氏は当時、学者の行為を「異常」だと批判していた。