大阪知事「不自由展」取り消し賛同 「法的措置には徹底対応」

記者団の質問に答える大阪府の吉村洋文知事(右)=26日午後、大阪市中央区の大阪府庁
記者団の質問に答える大阪府の吉村洋文知事(右)=26日午後、大阪市中央区の大阪府庁

大阪市で7月16~18日に開催予定だった「表現の不自由展かんさい」に関し、会場となる大阪府立労働センター「エル・おおさか」側は25日、多数の抗議が寄せられ、利用者らの安全を確保できないとして利用許可を取り消した。吉村洋文大阪府知事は26日、記者団に「(展示の)中身について判断するつもりはない」と断った上で「施設の管理運営を考えると、許可を取り消すべきだ」と指摘。取り消し決定前に施設側に賛同の意向を伝えたと明らかにした。

主催する実行委員会は予定通りの期日と会場での開催を目指し、法的措置も検討している。吉村氏は「法的措置を取るのであれば、徹底的に対応したい」と語った。