村山、河野談話を「継承」 答弁書決定

閣議に臨む菅義偉首相(中央)=25日午前、首相官邸(春名中撮影)
閣議に臨む菅義偉首相(中央)=25日午前、首相官邸(春名中撮影)

政府は25日、先の大戦をめぐり「植民地支配と侵略への反省とおわび」を明記した戦後50年の村山富市首相談話を、菅義偉内閣として継承しているとの答弁書を閣議決定した。慰安婦問題で旧日本軍の関与を認めた平成5年の河野洋平官房長官談話も、政府の基本的立場として「継承している」とした。

答弁書では、27年に当時の安倍晋三内閣が決定した答弁書で、7年の村山談話と、その内容をほぼ踏襲した戦後60年の小泉純一郎首相談話を「全体として引き継いでいる」としたと紹介。「菅内閣においても変わりはない」と明記した。

慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した27年の日韓合意に関しては「韓国政府の確約を取り付けたものであり、合意が着実に実施されることが重要と考えている」と強調した。立憲民主党の那谷屋正義参院議員の質問主意書に答えた。