コロナ給付金550万円詐取 容疑で経産省キャリア2人逮捕 警視庁

経済産業省=東京都千代田区
経済産業省=東京都千代田区

新型コロナウイルスの影響で経営が悪化した個人事業主らの家賃を支援する国の「家賃支援給付金」約550万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は25日、詐欺の疑いで、経済産業省産業資金課係長、桜井真容疑者(28)=東京都千代田区=と同省産業組織課職員、新井雄太郎容疑者(28)=文京区=を逮捕した。同課は2人の認否を明らかにしていない。

逮捕容疑は、共謀して令和2年12月~3年1月、虚偽の建物賃貸借契約書の画像データなどを用いて給付金を申請し、2人が設立した実体のない会社に約550万円を振り込ませて詐取したとしている。

詐取金の大半は桜井容疑者が高級腕時計などの購入費に充てていたという。新井容疑者が申請作業を担当しており、同課で詳しく調べている。

同省は「当省の職員が逮捕されたことは誠に遺憾。捜査に最大限協力し、全容解明を踏まえて厳正に対処したい」とコメントした。

会員限定記事会員サービス詳細