来月、台湾にワクチン100万回分追加提供 茂木外相

茂木敏充外相
茂木敏充外相

茂木敏充外相は25日の記者会見で、台湾とベトナムに対し、7月1日以降、新型コロナウイルスワクチン約100万回分をそれぞれ追加で供与する考えを明らかにした。すでに提供を発表したインドネシア、マレーシア、タイ、フィリピンに対しても約100万回分ずつを送る方向で最終調整していると説明した。

茂木氏は第2弾となる台湾へのワクチン供与に関し、「台湾はまだワクチン不足が当面続くと承知している。(供与の時期は)7月の中旬前になると思う」と述べた。

政府は今月2日にワクチン約3千万回分を国際機関などを通じて各国に提供する考えを表明した。茂木氏はこのうち約1100万回分について、7月中旬以降、ワクチンを途上国に分配する国際的枠組み「コバックス」を通じて、東南アジアと南西アジア、太平洋島嶼(とうしょ)国などに供与することも明らかにした。

会員限定記事会員サービス詳細