天皇陛下、懸念拝察に首相「発言は宮内庁長官の見解」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

天皇陛下、懸念拝察に首相「発言は宮内庁長官の見解」

出邸する菅義偉首相=25日午前、首相官邸(春名中撮影)
出邸する菅義偉首相=25日午前、首相官邸(春名中撮影)

菅義偉首相は25日、東京五輪・パラリンピック開催による新型コロナウイルス感染拡大を天皇陛下が懸念されていると、宮内庁の西村泰彦長官が「拝察」していると発言したことについて「長官本人の見解を述べたと理解している」と記者団に語った。丸川珠代五輪相も同日の記者会見で同様の認識を示した上で、感染対策に取り組む考えを強調した。

公明党の山口那津男代表は東京都内で記者団に「陛下の発言がどうかということをあまり詮索するべきではない。感染を防ぎ、安全安心の五輪を開催するのが極めて重要だ」と語った。

ボトムコンテンツ