多田V、山県3位で五輪へ100M 陸上、北口も代表入り

男子100m決勝 優勝した多田修平=ヤンマースタジアム長居(撮影・松永渉平)
男子100m決勝 優勝した多田修平=ヤンマースタジアム長居(撮影・松永渉平)

東京五輪代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権第2日は25日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、男子100メートルは多田修平(住友電工)が追い風0・2メートルの決勝を10秒15で初めて制し、東京五輪代表に決まった。デーデー・ブルーノ(東海大)が10秒19で2位。山県亮太(セイコー)が10秒27の3位で、3大会連続となる五輪代表入りを決めた。

小池祐貴(住友電工)が4位で五輪代表入りが有力。昨年覇者の桐生祥秀(日本生命)は5位、サニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)は6位に終わり、この種目の五輪代表入りを逃した。

女子やり投げは日本記録を持つ北口榛花(JAL)が61メートル49で2年ぶり2度目の優勝を果たし、東京五輪代表に決まった。同1500メートルは田中希実(豊田自動織機TC)が4分8秒39で2連覇。五輪参加標準記録には届かなかった。

女子100メートルは児玉芽生(福岡大)が11秒62で2年連続優勝。男子400メートルは川端魁人(三重県教員AC)が45秒75で初制覇した。

会員限定記事会員サービス詳細