【国勢調査】人口1億2622万7千人、前回比0・7%減 総務省公表 - 産経ニュース

メインコンテンツ

国勢調査

人口1億2622万7千人、前回比0・7%減 総務省公表

総務省は25日、令和2年国勢調査(速報値)を公表した。昨年10月1日時点の人口は前回の平成27年調査に比べ86万8千人(0・7%)減の1億2622万7千人で、2回連続の減少となった。東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県の人口は計3693万9千人で全国の約3割を占め、東京圏への一極集中の傾向が鮮明となった。

人口が最も多いのは東京都の1406万5千人。東京や神奈川、埼玉両県など9都府県で人口が増加し、増加率は東京が4・1%。次いで沖縄県が2・4%、神奈川県が1・3%と続いた。人口の上位8都道府県(6402万6千人)で、全国の人口の50・7%を占めている。

一方、全国1719市町村のうち、82・4%にあたる1416市町村で人口が減少した。5%以上減少した市町村は875市町村と全体の過半数を超えた。

世帯数は5572万世帯で、前回調査に比べ227万1千世帯(4・2%)増加したものの、1世帯当たりの人数は2・27人となり、全都道府県で減少している。

回答率はインターネットによる回答が37・9%、郵送が42・3%で合計80・2%だった。