仙台「正論」懇話会 中国への対応が「世界の大問題」 本紙・岡部論説委員

産経新聞の岡部伸論説委員を講師に招いた24日の仙台「正論」懇話会。会員は熱心に聴き入った=仙台市青葉区(村山雅弥撮影)
産経新聞の岡部伸論説委員を講師に招いた24日の仙台「正論」懇話会。会員は熱心に聴き入った=仙台市青葉区(村山雅弥撮影)

仙台市青葉区の江陽グランドホテルで24日に開かれた仙台「正論」懇話会の第62回講演会は、産経新聞論説委員で前ロンドン支局長の岡部伸氏が「新・日英同盟と脱中国」と題し、英国との連携の重要性を訴えた。講演要旨は次の通り。

新型コロナウイルスによって世界の秩序や構造が大きく変化した。中国は全体主義システムで新型コロナを封じ込め、自由主義体制よりも優位だとプロパガンダ(政治宣伝)に利用している。経済力と軍事力を拡大させ、南シナ海や東シナ海、インド国境で現状変更を試み、台湾侵攻も視野に入れている。覇権を目指す中国への対応が世界共通の大きな問題になっている。

米、英、オーストラリアなど英語圏5カ国の機密情報共有の枠組み「ファイブアイズ」などが中国包囲網を張る中、欧州連合(EU)を離脱した英国は日本に接近している。英国は、2015年の国家安全保障戦略で日本を同盟国と位置づけ、アジアにおける安全保障や貿易などの最大のパートナーとしている。

ランキング

  1. 【日本発ロシア点描】露のウクライナ侵攻「危険のレベルが違う」

  2. 中国の駐米大使「台湾独立なら軍事衝突」 ウイグル問題は「大嘘」

  3. ロシア軍が広範囲で兵力増強 ウクライナ国境 米国防長官が警告

  4. 【韓国大統領選】中道系候補、反日を「利用しない」強調

  5. プーチン氏やサウジ皇太子 北京五輪開会式出席一覧

  6. 米国務次官、中国が圧力のリトアニアへ「強力な支援」

  7. 【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】北の核・ミサイル実験 危機は3月か

  8. 中国、対日関係再考と脅し 香港紙報道

  9. 【世界を解く―細谷雄一】コロナ後の「敗北」に向かうのか

  10. 英国が対露の米欧共同戦線で存在感 ドイツと差別化