オリパラ期間中は厳しい暑さに 気象庁3カ月予報

気象庁
気象庁

気象庁は25日、7~9月の3カ月予報を発表した。東京五輪・パラリンピック期間中の関東甲信地方の気温は、平年並みか高くなると予報され、アスリートや観客、ボランティアなど大会関係者は、厳しい暑さの中、競技や活動をすることになりそうだ。

気象庁の3カ月予報によると、7~9月の平均気温は北日本から東日本、沖縄・奄美で平年より高く、西日本は平年並みか高くなるとみられる。降水量は、全国的にほぼ平年並みになる見込み。

五輪は7月23日~8月8日、パラリンピックは同24日~9月5日に行われる。競技会場のほとんどがある関東甲信地方は両期間を通して、平年同様に晴れの日が多くなり、気温も平年並みか高くなるとみられる。

札幌管区気象台によると、8月5~8日、五輪のマラソンと競歩が行われる札幌市を含む北海道地方は8月、平年並みか高くなる見込み。