五輪開催「陛下がご心配と拝察」宮内庁長官 - 産経ニュース

メインコンテンツ

五輪開催「陛下がご心配と拝察」宮内庁長官

宮内庁の西村泰彦長官は24日の定例会見で、開幕が近づく東京五輪への天皇陛下のご臨席などに関する準備状況を問われ、国民に不安の声がある中で開催することについて、「陛下は感染拡大につながらないかご心配であると拝察しています」と述べた。陛下は東京五輪・パラリンピックの名誉総裁を務められている。

西村長官は、「日々陛下とお話しする中で私がそう感じた。陛下から直接そういうお言葉を聞いたことはない」と説明。その上で「関係機関が連携して感染防止に万全を期していただきたい」と話した。

五輪では、開会式で「開催地の国の国家元首」が開会を宣言するとオリンピック憲章で規定されている。昭和39年の東京五輪と47年の札幌冬季五輪では昭和天皇が開会を宣言。平成10年の長野冬季五輪では上皇さまが宣言されており、今回は陛下が宣言を読み上げられることが検討されている。

ボトムコンテンツ