任意聴取中に神戸・西区の男性死亡 包丁で胸を刺す 兵庫県警明石署が捜査

兵庫県警本部=神戸市中央区
兵庫県警本部=神戸市中央区

兵庫県警明石署は24日、神戸市西区南別府の集合住宅で23日夜、窃盗事件の捜査中に任意で事情を聴いていたこの住宅に住む職業不詳の男性(35)が自らの胸を刃物で刺し、搬送先の病院で死亡が確認されたと発表した。

同署によると、23日午後8時20分ごろ、同署朝霧町交番を訪れた兵庫県明石市の通報者(36)が「(第三者の)バイクを持っていった軽トラックを見た」と話したことから捜査を開始。通報者が車の色やナンバーを覚えていたことから、署員3人が神戸市西区の男性を特定し、自宅を訪れた。

男性は玄関先で聴取に応じ、窃盗を認める趣旨の供述をしたため、署に任意同行を求めると、同日午後10時45分ごろ、男性は突然署員に背を向け包丁のようなもので胸を刺したという。

男性は1人暮らしで、自宅に隣接する駐車場には、通報内容にあった車両ナンバーなどが一致する軽トラックが止まっており、荷台にバイクが積んであったという。

同署の阿部義樹副署長は「現時点においては正当な職務執行であると考えている」としている。