笹生「プレーに集中」 畑岡「次こそ」 全米女子プロゴルフへ最終調整

練習ラウンドで談笑する渋野日向子(左)と笹生優花=アトランタ・アスレチック・クラブ(共同)
練習ラウンドで談笑する渋野日向子(左)と笹生優花=アトランタ・アスレチック・クラブ(共同)

女子ゴルフのメジャー、全米女子プロ選手権は24日(日本時間同日夜)から行われ、出場する笹生優花、畑岡奈紗、渋野日向子、上原彩子は23日、ジョージア州ジョンズクリークのアトランタ・アスレチック・クラブで最終調整した。

6日に優勝した全米女子オープン選手権以来の実戦となる20歳の笹生は公式記者会見に臨み「米ツアーのメンバーになれてうれしい。ここでプレーすることに集中したい」と語った。

全米女子オープンのプレーオフで笹生に敗れた畑岡も記者会見に呼ばれ「ずっとメジャー優勝が目標。全米女子オープンはあと一歩だった」と惜敗を振り返った。今大会でも2018年にプレーオフで敗れて2位、昨年は3位に入っており「次こそチャンスをつかみたい」と決意を述べた。

第1日の畑岡は午前8時16分(日本時間午後9時16分)スタートで、笹生はその2組後。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細