収賄の前村長に有罪判決 青森西目屋村

青森県西目屋村が発注したタブレット機器などの入札を巡り、収賄や官製談合防止法違反などの罪に問われた前村長、関和典被告(54)に、青森地裁は24日、懲役3年、執行猶予5年、追徴金275万円(求刑懲役3年、追徴金275万円)の判決を言い渡した。

寺尾亮裁判官は判決理由で「地位を悪用して私腹を肥やし、地方行政の公務の公正と社会の信頼を大きく失墜させた」と指摘。一方で、長年の村政への貢献や辞職による社会的制裁を理由に執行猶予とした。

判決によると、村立小の児童用タブレット機器などの指名競争入札で、青森市のソフトウエア販売会社が落札できるよう参加業者を選び、平成30~令和2年に同社役員(54)=贈賄罪などで有罪判決=から現金計205万円を受け取るなどした。

関被告は判決後、記者団に「真摯に受け止め、村や村民に対し深くおわび申し上げたい」と陳謝した。