フォト特集

蘋果日報、最後の日 新聞スタンドに長蛇の列

中国に批判的な論調で知られた民主派系の香港紙、蘋果日報(アップルデイリー)は24日、最後の新聞として過去最多の100万部を発行し、26年の歴史に幕を閉じた。中国の習近平指導部による締め付けで廃刊に追い込まれた。前夜から新聞スタンドに長蛇の列をつくって購入した市民らは「言論の自由が失われる」と嘆いた。

最後の1面トップは、大きな文字で「香港人が雨の中、お別れ 『われわれは蘋果(リンゴ)を支える』」との見出し。23日夜に蘋果日報本社ビルの周囲に集まって「蘋果日報、頑張れ。」「蘋果日報、頑張れ」などとエールを送った市民らの写真を載せた。発行部数欄には100万部と記された。

同社は23日、警察によりさらなる逮捕者が出る危険を避けるため、記者らに本社には戻らないよう通知。最低限の編集者で同日深夜まで作業を行った。最後となった編集作業は報道陣にも公開された。(香港共同)


23日、香港で廃刊になる蘋果日報の紙面を作り終え、ねぎらい合う編集長らスタッフ (ロイター)
23日、香港で廃刊になる蘋果日報の紙面を作り終え、ねぎらい合う編集長らスタッフ (ロイター)



24日、香港の蘋果日報本社で最後となった新聞を手にする同社社員(ロイター)
24日、香港の蘋果日報本社で最後となった新聞を手にする同社社員(ロイター)
6月24日、香港で廃刊する蘋果日報の最後の新聞を買い求める人々(AP=共同)
6月24日、香港で廃刊する蘋果日報の最後の新聞を買い求める人々(AP=共同)
24日、最後となる蘋果日報を買うために並ぶ人々=香港(ロイター)
24日、最後となる蘋果日報を買うために並ぶ人々=香港(ロイター)

会員限定記事会員サービス詳細