黒字化へ「構造改革」推進 JR西が株主総会

JR西日本の定時株主総会で発言する長谷川一明社長のモニター画面=23日午前、大阪市
JR西日本の定時株主総会で発言する長谷川一明社長のモニター画面=23日午前、大阪市

JR西日本は23日、大阪市内のホテルで定時株主総会を開いた。新型コロナウイルス流行で鉄道需要が低迷し、令和3年3月期連結決算の最終損益は、昭和62年の民営化以降で最大の赤字となった。長谷川一明社長は株主に「経験したことのない厳しい状況だが、構造改革に取り組んで業績の回復を図りたい」と述べ、早期黒字化への決意を示した。

総会では、真鍋精志会長と来島達夫副会長を再任せず、取締役の人数を15人から13人に減らす役員選任案を可決。株主総会後の取締役会で、正式に決めた。会長職の空席は福知山線脱線事故を受け、当時の南谷昌二郎会長が退任した平成18年以来で15年ぶりとなる。長谷川社長に意思決定の権限を集中し、経営の立て直しを急ぐ。

コロナ禍が直撃し、JR西の令和3年3月期の最終損益は2332億円の赤字(前期は893億円の黒字)だった。