職場・大学ワクチン接種、新規受付を休止

記者会見で新型コロナウイルスワクチンの職場接種と自治体が大規模会場で実施する接種について、申請の受け付けを一時停止すると発表する河野行革相=23日午後、内閣府
記者会見で新型コロナウイルスワクチンの職場接種と自治体が大規模会場で実施する接種について、申請の受け付けを一時停止すると発表する河野行革相=23日午後、内閣府

河野太郎ワクチン担当相は23日の記者会見で、米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンを使用する企業の職場などで行う接種と、自治体の大規模接種について、新たな申請受け付けを休止すると発表した。9月末までに5千万回分を確保している同社製ワクチンを上回る勢いで申請があったため。自治体の大規模接種に関する申請は即日休止し、職場接種は25日午後5時に休止する。

河野氏はモデルナ製を使った接種の申請について、職場や大学などでの接種は3300万回分を超え、自治体の大規模接種は1200万回分以上に達したと説明した。その上で「かなり(供給可能量の)上限に近くなっている」と述べた。

また河野氏は、すでに申請があった職場接種に関しては、必要量を超えた申請を行っている会場がないか精査し、ワクチン供給量を減らす意向も示した。「職域が立ち上がってしばらくの間、目をつぶって綱渡りをするようなオペレーションにならざるを得ない」とも述べた。

一方、各市区町村が高齢者を先行させて実施している米ファイザー製ワクチンを使った接種は予定通り行う。

会員限定記事会員サービス詳細