業務スーパーAI店舗 品切れ検知、レシピ提供

タブレット端末でのレシピ提供画面のイメージ
タブレット端末でのレシピ提供画面のイメージ

「業務スーパー」を展開する神戸物産は、人工知能(AI)を採用した実験店舗「天下茶屋駅前店」(大阪市西成区)を8月下旬に開設する。ソフトバンクと協力して陳列棚の品切れをAI搭載の店内カメラで自動検知する仕組みを築く。ショッピングカート据え付けのタブレット端末からは購入商品に応じたお薦めレシピも提供する。

AIで品切れを自動検知する仕組みは、適切な商品補充で販売機会の損失が少なくなり、従業員の作業効率の向上につながる。AI搭載のカメラは精算を待つ人数を分析し、レジの稼働台数の適正化にも役立てる。

ショッピングカートにはタブレット端末を据え付ける。商品のバーコードを読み取らせると、AIが商品を使ったレシピをインターネットで導き出して表示。合計金額も事前に確認できる。