「疲れた~」誰でも無料で 自動運転車いす導入拡大 羽田空港 - 産経ニュース

メインコンテンツ

「疲れた~」誰でも無料で 自動運転車いす導入拡大 羽田空港

自動運転車いすで移動する担当者。左は無人で待機場所に戻る車体=22日午後、羽田空港第2ターミナル
自動運転車いすで移動する担当者。左は無人で待機場所に戻る車体=22日午後、羽田空港第2ターミナル

タッチパネルを操作して目的地を設定するだけで移動できる「自動運転車いす」の導入が羽田空港で進んでいる。7月中旬から利用エリアが拡大して第1、第2ターミナル全域で乗ることが可能になった。高齢者や障害者だけでなく疲れた場合などに誰でも無料で乗れる。第1、第2ターミナル全域で乗ることができる。高齢者や障害者だけでなく疲れた人も無料で利用可能だ。広い空港内の移動負担を軽減するのが狙い。

羽田空港で導入が進んでいる、自動運転車いす=22日午前
羽田空港で導入が進んでいる、自動運転車いす=22日午前

ターミナルビルを運営する日本空港ビルデングと東京の電動車いすメーカーWHILL(ウィル)が22日、報道機関向けに説明会を開催。担当者が実際に使用されている自動運転車いすに乗り、出発ゲート内を移動した。

自動運転車いすは、車体前方のセンサーが障害物を検知し、衝突を避けて走行する。時速約2・5キロで、目的地に着くと無人で待機場所に戻るため、乗り捨て可能だ。

昨年7月に第1ターミナルで導入され、今月14日から第2ターミナルの北エリアでも運用が始まった。

羽田空港第1ターミナルで導入されている「自動運転車いす」=2020年7月
羽田空港第1ターミナルで導入されている「自動運転車いす」=2020年7月
自動運転車いすで移動する担当者。左は無人で待機場所に戻る車体=22日午後、羽田空港第2ターミナル
自動運転車いすで移動する担当者。左は無人で待機場所に戻る車体=22日午後、羽田空港第2ターミナル