現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

6月22日

東京五輪開催まで1カ月に迫った現在でも、反対論が根強い。ワクチン接種が順調に進んでいるとはいえ、コロナ禍の収束にはほど遠い状況では無理もない。

▼ただ聖火リレーの参加者からこんな言葉を聞くと、暗澹(あんたん)とした気持ちになる。「周りからやめろという声があったんですが…」。大会ボランティアの一部が辞退した問題の背景にも、多くのメディアによる否定的な報道やSNSでの誹謗(ひぼう)中傷があった。

▼「ボランティアは大会の顔であり、日本のイメージを世界に伝える大変な役割を担います。ぜひ、応援をお願いしたい」。こう訴えるのは、ボランティアとしてロンドン、ソチ、リオデジャネイロの各大会に駆けつけてきた西川千春さんである。東京五輪では、言語サービスチームリーダーとして活動する。

ランキング

  1. 【阿比留瑠比の極言御免】台湾蔑視する立民の傲慢

  2. 【産経抄】12月9日

  3. 細川昌彦氏「中国は経済の武器化図っている」 仙台「正論」懇話会

  4. 【主張】防衛費財源 歳出改革の徹底こそ先だ

  5. 【主張】中国「海外闇警察」 政府は実態の解明を急げ

  6. 【浪速風】「質」を追求する

  7. 【話の肖像画】作詞家・松本隆<2> 父が買ってくれた「デンチク」が原点

  8. 【風を読む】元空軍パイロットの背信行為 論説副委員長・佐々木類

  9. 【主張】イランの抗議デモ 血の弾圧を直ちにやめよ

  10. 【偏西風】春日・若宮神社「式年造替」の知恵 原発に多様な意思決定参画を 奈良支局長・粂博之

会員限定記事