浪速風

コロナ禍の恋愛は面倒?

コロナ禍で恋愛、婚活事情にも変化が…
コロナ禍で恋愛、婚活事情にも変化が…

少子高齢社会、人口減少時代と言われて久しいので今さら、昨年の出生数が84万832人で過去最少だったと言われても驚かない。が、この数字にはぞっとした。婚姻件数つまり結婚が12・3%も減り、52万5490組と戦後最少だったというのである。一気に7万3517組も減った

▶今月4日、この人口動態統計を発表した厚生労働省は、令和婚の反動とコロナ禍の影響と分析する。令和元年の「ミレニアム婚」をめざして駆け込み婚したカップルが多かったうえ、コロナ禍で恋愛や婚活が低調だったというのである。が、もっと深刻に考えた方がいいと教える調査結果がある

▶5年に1度、内閣府が行う国際調査。恋愛を面倒だと感じる20~49歳は日本では19・4%。スウェーデンは14・4%、フランスに至ってはわずか1・5%だ。相手からアプローチがあれば考えるという受け身オンリーの日本人は40・4%もいる。野暮を言うつもりはないが、覇気がほしい。