JAPAN Forward 日本を発信

初の生物兵器戦争か

中国軍研究を専門とする日本国際問題研究所(JIIA)のインド人研究者、モニカ・チャンソリア氏は、中国軍がこの20年間、研究の焦点を生物兵器に絞っているという記事を昨年3月、JFに寄稿。当欄でも紹介した。

それによると、中国軍は力で劣る米軍に勝利するには生物兵器しかないという結論に達し、研究に邁進(まいしん)している。今回のコロナウイルスが生物兵器として開発されたとは言及していないが、前述の最新研究と合わせると、中国軍が生物兵器として開発した可能性も視野に入れなければならないだろう。

そうなると、現在、世界を苦しめている新型コロナ禍は、人造生物兵器戦争が初めて現実のものとなったのではとの疑念が出る。砲弾やミサイルは飛び交わない。宣戦布告もない。人々に、これが戦争だという意識すらもない。だが、多くの人命が奪われ、多くの国々は疲弊し、先進諸国も国力を弱める。静かな生物兵器戦争後は、いち早く復興を成し遂げた国が新たな世界秩序をつくり、世界を主導する。中国軍が研究するSFまがいのシナリオがいま進行しているとしたら、恐ろしい時代である。

JFは、全力で情報を収集し、フェイクニュースを排し、真実をいち早く世界に伝えていきたい。(JAPAN Forward編集部) =次回は7月19日掲載予定

■JFサポーター会員を募集中!

JFは今月、創設5年目に突入しました。日本から世界へメッセージをともに発信しましょう。会員特典の詳細や入会のお申し込みは、JF日本語サイト(http://japan―forward.com/jp/)から。お問い合わせは、電話0570・033・433(産経iD)まで。


会員限定記事会員サービス詳細