池袋暴走事故公判詳報

(2)遺族の質問に飯塚被告「心苦しいが、過失はないものと思います」

飯塚幸三被告
飯塚幸三被告

(1)に戻る

《東京・池袋で平成31年4月、乗用車が暴走して通行人を次々とはね、松永真菜(まな)さん=当時(31)=と長女、莉子(りこ)ちゃん=同(3)=が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(90)の公判は真菜さんの夫、拓也さん(34)による被告人質問が続いている》

松永拓也さん「前回の被告人質問で、事故当時の記憶とドライブレコーダーとの違いが4つありました。何だったか言えますか」

飯塚被告「左側の車線に入るタイミングが思ったよりも早かったです。左側に入ってから先行する車は自転車と思っていたのがバイクでした。それから、1番目の現場のところで何かに接触した気がしましたが、(ごみ清掃車の)男性と衝突していました。最後に、2番目の交差点では(ぶつかったのは)乳母車と思っていましたが、真菜さんと後ろに莉子さんを乗せた自転車だったと思います」

《飯塚被告は言葉に詰まることなく、すらすらと答えていく》

松永さん「前回の公判後、ドライブレコーダーを見ましたか」

飯塚被告「2、3回見ました」

松永さん「記憶違いの4つの点は、ドラレコの映像と違っていませんでしたか」

飯塚被告「表現は正確でなかったが、大筋は違っていないと思います」

《松永さんは落ち着いた声を保ったまま、飯塚被告の主張する事故状況がいかに可能性が低いものであるかを追及する》

松永さん「あなたは、ブレーキを踏んだ記憶は絶対に正しい、という認識ですか」