菅原前経産相に求刑通り罰金40万円、公民権停止3年の略式命令

菅原一秀前経産相(春名中撮影)
菅原一秀前経産相(春名中撮影)

前経済産業相の菅原一秀前衆院議員(59)が地元・東京9区の有権者に現金や枕花計約80万円相当を提供したとして公選法違反(寄付行為)の罪で略式起訴された事件で、東京簡裁は菅原氏に対し、検察側の求刑通り罰金40万円と公民権停止3年の略式命令を出した。16日付。菅原氏が罰金を納付すれば、一連の刑事手続きは終了する。

菅原氏は平成30年4月~令和元年10月、71回にわたり東京9区の33団体と26人に対し、祝儀や香典などの名目で現金計53万円と、故人の枕元に飾る枕花など20個(販売価格計27万円)をそれぞれ寄付したとして、6月8日に東京地検特捜部に略式起訴されていた。

香典提供をめぐる報道を受けて、菅原氏は令和元年10月に経産相を辞任。今月3日には衆院議員も辞職していた。