コロナ緊急宣言の解除初日 施設再開、酒類自粛が緩和 - 産経ニュース

メインコンテンツ

コロナ緊急宣言の解除初日 施設再開、酒類自粛が緩和

緊急事態宣言解除後の今朝の新宿駅南口付近の通勤風景=21日午前、東京都渋谷区(鴨志田拓海撮影)
緊急事態宣言解除後の今朝の新宿駅南口付近の通勤風景=21日午前、東京都渋谷区(鴨志田拓海撮影)

10都道府県で発令された新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言が21日、沖縄を除いて解除された。リバウンド(感染再拡大)が懸念される中、飲食店の酒類提供自粛などの制限が緩和され、休館していた施設などが再開する。

宣言から移行する7都道府県と首都圏3県の計10都道府県は、蔓延(まんえん)防止等重点措置を適用。酒類提供は、人数や提供・滞在時間の条件付きとなり、自治体によって条件の内容が分かれた。

宣言最終日の20日、NTTドコモがまとめた午後3時時点の人出は、全国の主要駅や繁華街計95地点のうち、78地点で前週13日から増えた。解除が決まり、外出抑制効果が薄れた可能性もある。

宣言から重点措置に移行したのは北海道、東京、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の7都道府県。埼玉、千葉、神奈川の3県は措置が延長された。期間は7月11日まで。