生理の悩みは社会の課題 男性もショーツ開発、セミナー参加

これまで表だって語られることの少なかった女性の生理(月経)にまつわる課題について社会全体で解決していこうという取り組みが広がっている。近年、女性特有の健康課題について技術(テクノロジー)での解決を図る「フェムテック」分野に企業の参入が相次ぎ、市場規模は2025年に世界で5兆円に達するといわれている。また研修を通して生理の正しい知識を社員で共有する企業もある。当事者だけの悩みにしないことが、課題解決への近道かもしれない。

スタッフを思って開発

「テレビ番組の制作現場では、長時間トイレに行けなかったり、勤務が深夜に及んだりすることも頻繁。女性スタッフから、生理中、ゴミ箱がなくて使用済みナプキンを持ち歩いた、と聞いたこともある」

ランキング

  1. 「学テ」結果、校長や教員のボーナス、学校予算に反映へ…最下位常態化に危機感 大阪市の吉村市長方針

  2. 奈良市長「資産ない」 賠償金1億円超支払えず

  3. 文通費維持なら「札束で小遣い認める国会」 維新・吉村氏

  4. 【奈良小1女児殺害・父親講演詳報㊥】犯人からメール「次は妹だ」不安と恐怖に…

  5. 【衝撃事件の核心】「娘をおもちゃにした」法廷に響いた父の慟哭 性欲のまま生きた「殺人警官」 イケメンマッチョ〝二股三股〟の不倫恋愛

  6. 携帯番号からアカウント特定 セクハラの病院職員を停職

  7. 【奈良小1女児殺害・父親講演詳報㊦】もし叶うなら「ぎゅっと抱きしめたい」今もそばに

  8. 鉄柵折れ事故か 大分で男児が意識不明

  9. 【脳を知る】心房細動が原因の〝ノックアウト型脳梗塞〟

  10. 【奈良小1女児殺害・父親講演詳報㊤】楓ちゃん「体動かすのが大好き、活発な子だった」